求人のためのコラム

【現役衛生士に直撃!】求人募集に強い歯医者さんの秘密

新卒歯科衛生士の採用倍率は、なんと20倍を超える場所もざらにあることをご存知ですか?歯科衛生士不足で困っている歯医者さんは都心・地方に関係なく非常に多いです。

その一方で、歯科衛生士が長く勤務している歯科医院や、再就職率の高い歯科医院もあります。歯科衛生士の求人募集に強い歯医者さんにはどんな特徴があるのでしょうか?

今回は、現役歯科衛生士に求人募集について直接インタビュー!どんな歯科医院が歯科衛生士に好まれるのか、求人募集情報の中でチェックしているポイントなど細かく質問してみました。歯科衛生士のホンネに迫ります!

インタビューから、求人募集に強い歯科医院の特徴がみえてきましたよ。

【無料から広告掲載できる!】衛生士募集に利用したいサイト2選

2017年から、特に優秀な人材確保に対する競争が激化しています。2018年もその流れは続いており、特に歯科衛生士の求人採用倍率は20倍以上。

歯科医院長が頭を悩ませるのが、この「求人確保の問題」です。良い人材をできるだけ低コストで確保したいものですが、なかなか難しいのも事実です。そこで今回は、数多い求人サイトの中でも、無料からスタートできて、効果の出やすい2サイトをお教えします。

激化する人材募集の中、少しでもコストをかけずに歯科衛生士を確保するために、必ず登録しておきたい求人媒体をご紹介します。さっそくみていきましょう。

【歯科衛生士確保率アップ!】意外と知らない。求人に求められる4条件って?

「歯科衛生士が採用できない!」そんな悩みに頭を抱えている歯科医院長のお話をよく耳にします。去年2017年から求人採用倍率が上がっており、特に歯科衛生士の採用倍率は20倍以上!

採用率アップのためには、歯科衛生士が希望する条件を把握し、自歯科医院でも導入可能な採用率アップのためのポイントを押さえることが重要です。歯科衛生士が求めている条件は、意外にもお給料やお休みの条件だけではありませんよ。

今回は、歯科衛生士確保に必要な4ポイントをまとめました。さっそくみていきましょう。

【要チェック!】衛生士確保に強くなるための重要3ポイント

「衛生士を募集してもなかなか採用に至らない・・・」

こんな悩みを抱えている歯科医院長は多いのではないでしょうか。どの企業も人材不足で苦しんでいる中でも、特に歯科衛生士の雇用倍率は高いのです。

今回は、激化する歯科衛生士確保の中で、衛生士確保に困らないために重要な3つのポイントを解説していきます。自歯科医院と相性の良い人材をしっかり確保するために必要なポイントをみていきましょう。

【集患の大定番8選+2】儲かる歯科医院に学ぶ!集患方法を徹底解剖

より歯科医院にマッチする良い人材を確保するために、歯科医院独自の求人サイトを持つ歯医者さんが増えています。一度の求人広告掲載による短期的な募集だけでなく、何度か求人募集を行う場合や長期的に良い人材を募集している場合に求人サイトを持つことは効果的です。

今回は、歯医者さんが求人サイトを持つメリットから、求人応募率がグンとアップするIndeedへの求人サイト掲載の裏技についてご紹介します!

特に採用に苦戦している歯科医院の方に、求人サイトをIndeedに掲載する方法は一度試していただきたい手法です。さっそくみていきましょう。